ブログ記事一覧

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「君をひとりにはしない」

2019-03-19 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです

 

今朝も夫が転んでしまいました。元々、赤ちゃんの時の怪我が原因で右片麻痺の夫ですが、右の悪性脳腫瘍になってから左足も不安定になってしまいました。目も半盲と4分の1盲になりました。筋肉も衰え、上手く歩けなくなってきました。だから、階段が苦手になり、平らなところもすり足でしか歩けなくなってしまいました。バランスが悪いのでよく転んでしまうのです。

こんな時、私の心の中には言いようのない気持ちが生まれます。(ハァーーーー)この気持ちを翻訳するなら「なんて私は不幸なんだろう」がいちばんピッタリくるような気がします。みじめで哀れな気持ちです。やせ細り、すぐよろけてしまう夫。認知も下がり、妙にしつこくなり、くだらないことにこだわる夫。自分の兄弟や親戚に電話しては「迷惑だ」と言われ絶縁された夫。1枚しかない布団にたっぷりとおしっこを漏らしてしまう夫。なんでどうして私はこんな夫を持ってしまったんだろう。そう考えると悲しみを通り越して怒りが湧き、そして絶望と諦めの境地になります。つまり非二元を勉強しているくせに、一瞬のうちに「悲劇のヒロイン」という解釈のドラマに巻き込まれてしまうのです。

 

 

しかし・・・これを望んだのは私なのです。夫が2012年に悪性脳腫瘍を宣告され手術した時、私は近所の神社で祈りました。『どうか夫を助けてください』と。その時ふと(夫は今までのような頼れる夫ではなくなり認知症のようになり、私が一生面倒をみていかなくてはならないかも!)と浮かびました。私はそのビジョンをブルブルッと払いのけました。『いやいや、もしそうなってもかまわない、どうなっても私が面倒をみていきますから!』と神様に約束したのです。

それがこんなにたいへんな道だったとは想像できませんでした。何度死のうと思ったことかわかりません。神社で見たのは想像ではなかったのです。私はその時未来を見たのです。ちなみに、夫が大変な病気になることも結婚した時に知っていました。新婚のある日、夫の寝顔を見ていると死に顔になり(ああ、夫と死別した時に私の本当の人生が始まるのだ!)と直感が来たのです。だから、夫に完治無しと言われる悪性脳腫瘍が宣告された時、(ああ、やっぱり来たか・・・)と思ったのです。そしてまた、私は子どもの頃からなぜだかわからないけれど、宇宙にこう祈っていたのです。『私はこの世界には目には見えない秘密があることを知っています。誰でも死ぬ時にはその秘密がわかるようになっているのでしょう。だけどそれでは遅いのです。人生の最後に秘密がわかっても手遅れなのです。だから、私には人生の半ばにわかるようにしてください。そして残りの人生は秘密を知った上で生きたいのです。』と。

隅から隅まで運命は決まっているとは思えませんが、私の場合に限ってはいくつかの大きな出来事は決まっていたように感じます。いや、自分で決めてきたと言ったほうが正しいでしょう。ですから、きわめて順調にやっています。自分の意図通りなのです(笑)そして、夫もきっときわめて順調なのです。いろんな記憶が薄れつつある夫ですが、先日こう言っていました。「僕はずっと怒りが手放せなかったんだ。それが脳腫瘍になったら怒りなんてなくなっちゃったんだよ。」

片麻痺で吃音だった夫は、子どもの頃から強いコンプレックスを持って生きていました。けんかっ早くてすぐキレる人だったのです。それが病気で元気がなくなったというのもありますが、驚くほど温和になりました。どれだけ努力しても手放せなかった怒りを解放したのは悪性脳腫瘍だったのです。夫は短気な自分をなんとか修正しようとしていた半生とまったく怒りがなくなってしまった半生と二回分人生をやっているようにも見えます。今は私のために生きていると言います。「君をひとりにしないって約束しただろ。だから頑張って生きているんだよ。」

そうなんです。脳腫瘍を告知された時、私は狂ったように泣きました。「私を置いていかないで!独りにしないで!あなたが死んだら私も死ぬから!」私のあまりの取り乱しように、夫は決意したのでしょう。絶対死なない、と。だから、おしっこを漏らしても、転んでもどうあっても生きているのです。これは私のせいなのです。そして私を愛するがゆえのことなのです。願いと祈りは叶ってしまうのです、良くも悪くも。

そして最近、夫はこうもいっています。「僕の肉体が死んで天国に行ったら、僕は向こうでログハウスを建てるんだ。君の家も隣に建てておいてあげる・・・そして、君は家族がいなくなって一人にはなるかもしれないけれど、独りぼっちにはならないよ。一人と独りぼっちは違うからね。君の周りにはいつも誰かがいるから大丈夫だよ。」運命というもの構造がどうなっているのか、私にはわかりません。でも少なくとも私たち夫婦にとっては運命は受容するものです。それが平穏に近づく道だと私は知っています。


潜在意識を扱う鍼灸

2019-03-17 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです

 

二週間前、膝が痛いという方がいらっしゃいました。整形外科に通い、痛み止めのシップをもらい、電気治療のリハビリに通っていたそうです。しかし、なかなか良くならず鍼灸治療にいらっしゃったのです。

私の鍼灸治療は独特です。潜在意識を使います。なのでここでは詳しく説明をしません。してしまったらダメなのです(笑)昨日2回目の治療にいらっしゃいました。「とにかくからだが喜んでいます!喜んでいるのが本当にわかるんです!」とのこと。潜在意識の調整が効いているようです。

 

 

そして治療後、ホ・オポノポノのお話もさせていただきました。頭(顕在意識、母親みたいなもの、ウハネ)が、からだ(潜在意識、子どもみたいなもの、ウニヒピリ)のいうことをしっかり聞いてあげないとよくなりませんよ、と。ほとんどの人が頭デッカチです。考えることばかり得意になってしまい、感じることが苦手になってしまいました。実はこれでは幸せにはなれないのです。は他人軸です。自分のことだけでなく周りの人のことも考えて、自分のことは後回しにしがちです。そうしているうちに、自分の本当の思いがわからなくなってしまうのです。これが不幸の始まりなのです。考えるとは、正解を探すことでもありますが、この正しさが曲者です。効率優先といってもいいでしょう。結果重視というか、今ここにいないんです。そうこうしているうちに心やからだが置いてきぼりにされてしまうのです。

一方、からだは、感じることが得意です。からだを感じれば今ここにいます。マインドフルネスなんていうのもそうですね。そしてからだは、からだの持ち主本人のことしか応援しません。快適なことや本当に必要なこともちゃんと知っているのです。だから、ブルース・リーも言ってるじゃないですか「考えるな!感じろ!」って。

なので、以前にも「ウニヒピリとの対話」で書きましたが、あなたからお母さんのように優しく根気強く話しかけてほしいんです。子どもが言ってくれるのを待ってちゃダメなんです。顕在意識であるお母さん(頭)が意識的に、潜在意識である子ども(からだ)に話しかけるのです。

膝が痛くていらっしゃった患者さんは、最初こう考えたそうです。「膝痛~い。どうしよう・・あ、整形外科行こう。シップとかも貼ってみよう。」誰でもこう考えるでしょう。間違いではありません。でも、潜在意識を扱う私の治療院にいらっしゃる方なら、片手落ちなんです!顕在意識(頭、ウハネ、母親)だけでやってはダメなんです。からだは潜在意識なのです。からだにはからだの意識(ウニヒピリ、子ども)があるのです。患者さんが最初に考えたことや行動は、例えればこんな感じです。ある日、自分の子どもの成績が急に落ちた・・・(むむっ、これはたいへん!どこかにいい塾はないかしら?家庭教師をつけようかしら!)と対症療法的な感じなのです。これでは、子どものほうは本当の気持ちを理解してもらえないし苦しくなってしまうかもしれません。

もしこんな時、あなたが子どもの立場だったら、お母さんにどうして欲しいか考えてほしいのです。私だったら、成績を上げることに躍起にならないで、自分のことをしっかり見てほしいです。そして、優しく抱きしめてほしい。安心させてほしいです。(どうしたの?何かあったの?話してくれる?)と優しく話かけてほしいです。これを、からだにもやっていただきたいのです。きっと、からだは答えてくれるはずです。声として聞こえてくるわけではないですが、あなた自身のインスピレーションのように浮かんでくるでしょう。「・・・もう、疲れちゃったんだよ・・・」そのちっちゃい声を見逃さないで、受け止めてあげてください。それが膝の痛みであっても、他の病気であっても基本は同じことです。あなたの表面意識(顕在意識)深~い本音(潜在意識)としっかりつながることが治癒へのいちばんの近道です。それをてるこの部屋ではやっています。

 

☆5月末日までのキャンペーン

<からだと対話する催眠療法>
2~3時間 20000円→15000円

<潜在意識を使う鍼灸>
1時間 6000円→5000円


どんな牢獄に住んでいますか?

2019-03-16 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです

 

ノンデュアリティ(非二元)の大御所、ダグラス・ハーディングの本にこんなようなことが書いてありました。何十億人もの囚人が南京錠のかかった独房に入っていて終身刑を言い渡されている・・・ひぃぃぃぃ~~~、これは強烈でした。この文章だけで覚醒しそうでした(笑)この場合の独房とは肉体のことを指しています。本当はたった一つの意識である私たちですが、この地球で存在するためにはそれぞれ肉体を持たなければならなかったのですね。それはハーディングに言わせれば独房なのですが、他の人たちと絶対的に分離している感覚があるのです。まぁ、分離感があるから「違い」ということを味わえるのです。一つの意識は違いをどうしても体験したかったのでしょうかね。すべてが自分だったら恐ろしくつまらない世界でしょうし(笑)

 

 
私は、肉体が牢獄という概念ではなく、観念が牢獄ということで想像してみました。小さい牢獄もあるでしょう。大きい牢獄もあるでしょう。大きすぎて、まさか自分が牢獄に入っているとは思っていない人も多いのではないでしょうか?「自分はいろいろ勉強してきてわかっているのだ、他の人より優れているのだ」というプライドも一つの牢獄かもしれません。また、牢獄が何重にも重なっている人もいるでしょう。「牢獄から出た!自由の身になった!」と思ってもまだ牢獄の中にいるのです。これにはひどくショックを受けるかもしれません。

しかし・・・自分が牢獄に入っていることに気づいたのなら出られるかもしれません。鍵など掛かってないのですから。あなたが扉を長年押し続けているのなら、引いてみるのです。スーッと簡単に開くことに驚きのあまり声も出ないかもしれません。そして足を踏み出すのです。外です。待ち望んだ外です。あまりの自由さに目もくらんでしまうでしょう。しかし、自由とは何の保証もないということなのです。あなたはまた自ら進んで牢獄の中に逆戻りしてしまうかもしれません。牢獄の中には最低限の保証だけはありますから。牢獄の中の小さくて窮屈な安心安全のために、外の世界をあきらめているのかもしれません。

さあ、牢獄の中に住まうか外に出るか、どっちでもあなたが選べるのです。しかし、多くの人が牢獄に住み続けることを選んでいるのがこの星の現状です。私?私はビビりですから、たくさんの牢獄を次から次へと渡り歩いてきました。しかし、もうそろそろこの世界の広さを味わってみたくなったのです。想像もできないくらい広いこの世界を!


意識を向けるとエナジーは流れてくる

2019-03-14 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです
サボりにサボって(笑)大復活しました~

 

今さら書くほどのことでもないのですが・・・すべては意識だということをお伝えしたいので書いておきますね。

先日、アクセスのボディプロセスのセッションにいらっしゃった方がこうおっしゃいました。「てるこさん、1時間前からビリビリエネルギーが流れていました!」その方のご予約は12時からだったのですが、11時に家を出かけようと思っていたそうです。そうしたら11時からエネルギーが流れ始めたそうです。

これは実はよくあることで、私の治療院に向かっている電車の中からすでにエネルギーが流れセッションが始まるという方がいらっしゃいました。「てるこさん、送ってくれていましたか?」と聞かれました。もちろん、私は送っていません。しかし、すべての意識は一つなので、その方が私や私の治療院のイメージに意識を向けて、セッションのことを思い始めると・・・始まってしまうのです。(特にボディプロセスのエナジーが流れやすいようです)

もちろん、感じやすい感じにくいがあるので、すべての方が実感できるわけではないと思いますが、流れています。以前、大阪に住む医師が「てるこさんのブログ読んでいたら、キラキラした粉?みたいなものが降ってきて、だからバーズ受けに来ました。」ということでいらっしゃいました。パソコン画面からでも流れてしまうのです。ちなみにこれは私だけが流すことが出来るわけではなく(私自身は流している意図はありませんからね)、誰でもダダ漏れだと思います。

尊敬する関西に住む鍼灸師の方が「もし痛みとかがあるなら私のことを思い浮かべてくださいね。そうすると軽減しますよ。」とFBに書いておられました。もちろんそういうことはあると私は思っています。その先生のエネルギーの質が治療・治癒なんでしょうね。

 

 

これからの時代は、何に意識を合わせるか、どんな意図を送るかなどの内面的なことが大切になってくると思われます。意識的に意識的に生きることです。つまり出来るかぎり目覚めていることが重要です。自分でも自覚していない深~い部分のものがそれと呼応するものと結びついてしまうからです。簡単に言えば、西友を思えば西友のエネルギーに繋がるし、イトーヨーカ堂を思えばイトーヨーカ堂のエネルギーと繋がり、その影響を受けまくるのです。スーパーならまだいいんですが、ある特定の組織のことを患者様とお話していてエネルギー的に繋がってしまい、患者様共々恐ろしい体験をしたこともあります。

少し脅かしてしまいましたが、こんなことは忘れてください(笑)どんな時も自分の意識を楽しいものや軽いもの素敵なものに向けてくださいね~。春だし~。

 

<ボディプロセス・フェイスリフト>
アクセスのボディプロセスは50種類以上あります。免疫強化のMTVSSや細胞記憶、しみやそばかすにいいDMMDトラウマや薬や強迫神経症に対応するものもあります。いらしていただいてからボディに聞いて決めることも出来ます。3月末日まで10000円→7000円です。フェイスリフトも同じく3月末日まで7000円で承ります。


3/18(月)MTVSS講座

2019-03-13 [記事URL]

ウニヒピリ(潜在意識)の声に従いたっぷり休んで、やる気満々の福井てるこです~。

 

リクエストを頂戴しました。アクセスのボディプロセスの中でもいちばん人気のMTVSS講座です。万能ツールと言われています。私も大得意です。何通りもの使い方がありますが、講座では2つのポジションをやってみます。なので4時間みてください。

大きな声では言えないけれど、、、自分で自分にやった方から良いご報告が入ってきています。免疫強化に良いと言われています。私の夫もあばらを打撲して力が入らなくて起き上がれなかったのを、たった2回でまったく痛み無しになりました。皆様もいろいろやってみてくださいね。

 

 

場所 杉並区天沼3-2-18
   にれの木クリニック2階
   ふくいてるこ鍼灸室

時間 10~14時 残席2名

受講料 12000円(認定書付き)

☆この日程以外にも、1名様よりリクエスト開催いたします。MTVSS以外のボディプロセスもお気軽にお問合せ・お申込み下さいませ。


反転した日

2019-03-10 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです。

 

最近頭が働かなくなってきて、考えるより感じることのほうが多くなってきました。これは思考優位だった私にとって願ってもない変化です。私がこうなったのはたぶん2つほどの理由があるのですが、それをここで公開するのはまだまだ誤解を生みそうなので時期が来たら書きます。

最近、ハートのあたりで感じます。ひよっとしたらこれは伝染するのか、私の施術を受けた患者様も同じようになってきているそうです。『単なる表面的な対応や反応ではなく、心底からの共感とか感情的な化学反応』が起きていると。『頭は冷静でハートは熱い?』ともおっしゃっています。実は今、新しい施術を開発しています(開発なんて大げさですが(笑)。問題を解決しない?問題にアプローチしない方法です。「ハートを開く整体」と仮に呼んでいますが、出来上がったらモニターの募集をさせていただきますね。

 

 

3月8日に近所の氏神様にご挨拶に行きました。以前、神社に100日間続けてお参りにいくと不思議な力が授かると聞いたからです(私はミーハーなんです。そして何でもやってみる性分です)。残念ながら80日くらいでやる気がなくなってしまいました。その神社に久しぶりに伺ったのです。すると、今までにない自分を感じました。自分が今までコソコソしていたことに気づきました。この日の私はずっとお社の奥のご神体を見つめ続けていました。いただいているとわかりました。すべていただいている、いただきっぱなしだとわかりました。拙い表現しかできなくて歯がゆいのですが、本当に宇宙から全部来ているとわかりました。だから「神頼み」なんてする必要はないと思いました。もうすでにいただいているのですから。(これは頭で理解しようとしていてはわかりません。私が考えることをやめたので感じたのかもしれません。いやきっとそうでしょう。当たり前ですが、宇宙は私だけに与えてくれているわけではありません。それを感じる人とまだ感じられない人がいるだけです)

何を今まで馬鹿なことをしてきたのでしょう。今の自分のままでは足りないものがあると思っていたので、どこか外部に要求しないともらえないはずだと必死だったのです。ところが無尽蔵にすでに与えられているのだとわかりました。次から次からそれがやってくる感じがわかったのです。よく、、、神社では神頼みをしてはいけない、感謝のみをするところだと言っている人がいます。だから私もその知識に乗っ取り「神頼みをしないで、感謝をして」いました。しかし、今日初めてわかりました。腑に落ちました。何も心配はいらなかったのです。こんなにたくさんいただいているのだから、感謝しかないはずなのです!なかなか取り去ることができなかった不足感、孤独感、、、そういったものがなくなったような気がします。この日、自分が反転しました。反転したという言葉しか思いつきません。アクセス・バーズなどに出会いずっといい感じできたのですが、あと一歩だったんです。それが、何かがどこかが変わったのです。

私は、アルコール中毒の父親と統合失調症の母親の元に生まれ、ひどい愛着障がいでした。なかなか他人を信用することが出来なかった自分にこんな日がくるなんて!幼い頃から望んでいた自分になるまで何十年かかったのでしょう。私の場合は長い長い道のりでした。しかし他の方はもっと早くハートを開き、自分や周りを愛して生き生きと生きることが出来ると思います。私はその長い旅をテクテク歩いてきた人間なので多少はわかっているつもりです。そんなお手伝いをできればこれからもやらせていただきたいと思っています。


病の本質と経験

2019-03-08 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです。

 

先日の休みに、ある方のご自宅にお伺いしました。バーズ講座の受講生さんなのですが、(ぜひいらしてください!)ということで甘えさせてもらいました。

なんとこの方、今から20年以上前、末期癌を宣告されたのです。しかし、様々な治療をしたり考え方を変え生き方を変えて完治させた方なのです。実は私の治療院にはこのような方が何人かいらっしゃっています(皆さん、なぜかバーズ講座を受講しにいらっしゃるのです)。宇宙が私のためにこのような方々を送り込んでいるとしか思えません!!!宇宙、ありがとう!!!

そんな方々とお話させていただいて感じるのは、正直さのレベルが半端ないということです。それを別の言葉で言えば「本当の自分を生きている」という感じです。え?誰でも本当の自分で生きているのじゃないのかって?まぁある意味、今の自分も本当の自分です。しかし、「~すべき」「~してはいけない」という思考やイメージで自分を制限しまくっている方がほとんどです。厚~い鎧を着込んでいるので、その方の魅力なんて伝わってこないのです。もちろん今の時代、健康であってもそういう方がほとんどでしょう。正直さのレベルが半端ないとは、やりたいことをやり、やりたくないことはやらず(つまり、やりたいことしかやってない?)、本能に従っている感じ(野生動物のような?)で、一瞬一瞬を輝いて生きているという感じです。

 

 

もちろん、その方々がそうなるまでは並大抵のことではなかったのです(私だって出来ないかもしれません!いやきっと出来ないでしょう)。病気がその方々を崖っぷちまで追いやったのです。(私は今、突然泣いてしまいました。病気のもつ愛を感じたからです。なんて大きな愛なんでしょう。病の本質は愛でした。そこまで人を追い込む圧倒的な愛の深さ大きさに突然胸がいっぱいになってしまいました。末期癌を宣告された方々は愛されていたのです。信頼されていたのです。だからこそ、なのだとわかりました。・・・突然泣くなんて、おかしいですね、私(笑)さあ、ちゃんとブログを書かなきゃ・・・)今まで自分を騙し騙しやってきたことが通用しなくなったということなのです。これはある意味、チャンスなのです。住むところを変え、仕事をやめ、そして離婚をされた方もいます。生きるか死ぬかの崖っぷちで、後生大事に守ってきたものを手放し、人生の棚卸しをしたのです。

私は催眠療法をしています。以前、ご自分が(自分を犠牲にして、家族を優先に生きてきた)ことにハッキリと気づいた方がいらっしゃいました。しかし、その方は「今までやってきた自分の生き方を変えろってことですか?もうこの年で変えられませんっ!」とおっしゃいました。私はこう答えました。「変える変えないはあなたの自由です。どっちを選んでもいいんです。」と。右の道を選んだら右の体験があるだけですし、左の道を選んだら左の体験があるだけです。

実際的な肉体の病気に関わる仕事をしていてスピリチュアルなことを言うのは不適切だとわかっていますが、私はこう思っています。魂は永遠なので、今回の人生で出来なくてもいいのではないかと。またいつか(本当にいつかがあるのかは、私も知りませんが)チャレンジすればいいのではないかと。今回、自分を大きく変化変容させることが出来なくても、またそれにチャレンジしなくてもいいんです。チャレンジしないという体験を選んだのかもしれませんし、その経験はしているのです。そして、それがいちばんにしたかった経験なのかもしれないからです。私には本当の正解はわかりません。無限の選択肢がある中で自分で選んでいくしかないのです。この「自分で選ぶ・自分で決める」ということが、自己の本質を生きる第一歩になります。そして、肉体を長く生きさせるよりも自己の本質に目覚めることのほうが魂の望みだと思っています。しかし、目覚めてもいい目覚めなくてもいい、、、私はその方が選んだその道を出来るだけスムーズに歩いていけるよう、ちょっとお手伝いするだけです。


3/17(日)アクセス・バーズ講座

2019-03-07 [記事URL]

脳の断捨離、思考のデトックス、アクセス・バーズ講座です。

アクセス・バーズは今から25年以上前、アメリカで生まれました。頭部にある32個のポイントに軽く触れるだけで、人生に制限を作りあげている思考や感情の記憶情報を電気的に解放していきます。そんなに簡単なわけがないじゃないって?それも思考です(笑)講座なんて、たった1日で出来るようになるわけがないじゃないって?それも思考です(笑)

そんな思考は、クリアリングステイトメントという言葉のエナジーで取り去っていきます。ある方はエネルギーがらせん状に抜ける体感があり、ある人は思考が外れた途端に急に部屋が明るく感じたり、ある人は肩こりが消えたり、、、思考や感情は目には見えないけれど実際的なエネルギーなのです。

私のバーズ講座の特徴は・・・
①エネルギーを感じることが出来る
②指のポイントの位置がわかりやすい
③問いかけやクリアリングの使い方がわかる
④3つのボディプロセスがばっちりわかる
⑤初めての方も再受講の方も大満足の講座です!

 

 

場所 杉並区天沼3-2-18
   にれの木クリニック2階
   ふくいてるこ鍼灸室
   090-4435-9483

時間 10~18時 残席2名男性も可

受講料 初めて 40000円
    再受講 20000円

☆この他の日程も平日でも土日でも1名様よりリクエストにより開催いたします。お気軽にお問合せ・お申込み下さいませ。
☆受講された方でご希望の方には、マネキンに貼るシールを差し上げています。


ふとんから一歩も出たくない?!(ウニヒピリとの対話)

2019-03-07 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
潜在意識とからだ大好き福井てるこです。

 

3月に入ってから、治療院が少し暇です(笑)いや、笑っている場合ではありません。私には、病気で認知が下がり働けなくなった夫がいるのですから!(てるこさんは潜在意識のプロじゃなかったんですか?問いかけでいろんなことを解決できるんじゃないんですか?)というお声が聞こえてきそうです・・・

よく豊かさのブロックを外すとかいうけれど、表面的な単純なことで解決する人もいるでしょうし、もう少し複雑な人もいるでしょう。どこが固まっているのか絡まっているのか、顕在意識の視点ではなかなかわからないですね。そういう私はたった2回のアクセス・バーズで経済面が大きく変わりました。あれにはびっくり!でもまったく期待していなかったことなんです。勝手にブロックが解放されたとしか言いようがありません。もちろん、顕在意識のレベルで操作したこともあります。豊かさに関する意図を放って驚くほどの収入を得たこともあります(その感覚はスプーン曲げと同じなんですよ~)。しかし、今回の話は少し違うんです。私は一昨年から自然療法を学んでいるのですが、その中でホ・オポノポノについて勉強しました。そして実践し始めたら、暇になってしまったんです。ナ~ンデカ?という本質的なお話なんです。

 

 

ホ・オポノポノとは・・・
そのルーツは古来ハワイの先住民の間で伝わって来た問題解決法です。複雑だったそれをモーナ・ナラマク・シメオナ女史「クリーニング」することで、起こっている問題や悩みの根本的な解決をするという簡単な方法を編み出しました。具体的には「ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、愛しています」の4つの言葉を使うのが有名です。

 

そのホ・オポノポノのシステム?の中でも、私がいちばん着目しているのはウニヒピリです。この変わった名前のものは何かというと、インナーチャイルドのようなものです。しかし、幼少期の傷やトラウマという感じではなく潜在意識のことです。ただ自分の記憶だけではなく宇宙全体の記憶が保管されている図書館のようなものと言われています。自分の意識なので、自覚していなかっただけでこれまでもこれからもいつでも一緒にいるのです。そのウニヒピリとしっかりつながることがとても大切だと思っています。ウニヒピリとつながるとは簡単に言えば自分の本音につながるということです。

これまでの教育のせいなのか、私たちは自分の思いを押し殺して周りに合わせることを優先にしてきました。そのうち、自分が本当に何をやりたいかがわからなくなってしまったのです。そういう方にこそ、ウニヒピリちゃんと仲良くなっていただきたいです。どうすればいいかって?それは簡単です。簡単すぎて拍子抜けします(笑)

ただ話しかけるんです(笑)

「何したい~?」「何食べたい~?」「どこ行きたい~?」こんな感じです。私がバーズ講座でいつもお勧めしている「からだとの対話」みたいなものです。ちなみにウニヒピリとは潜在意識でありますが、からだをつかさどっているそうです。だから、実際にからだとお話しているようなものです。そして、頭(思考)をつかさどるのはウハネといって、顕在意識のことです。お母さんといった感じです。だからお母さん(ウハネ)が子ども(ウニヒピリ)に優しく根気強く話しかけていくような感じです。これを習慣化することが重要です。今までほったらかしにされていたウニヒピリはいじけてグレちゃっているかもしれません。ちょっとばかり話かけただけでは応えてくれないかもしれません。だけど根気強く話しかければいつか応えてくれます。あなたのウニヒピリを救うのはあなたしかいませんからね!

で、なぜ私が最近暇になったかというと・・・朝目を覚ますと私のウニヒピリちゃんに話しかけます。
私「ウニちゃん、さあ今日はどうしたい?」
ウニヒピリ「・・・」
私「ウニちゃん、どうしたいの?」
ウニヒピリ「・・・」
私「何したい?」
ウニヒピリ「起きたくない・・・」
私「え?」
ウニヒピリ「起きたくない。ふとんから出たくない!」
私「それは困るよ。起きて。」
ウニヒピリ「いや!ずっと寝ていたい。ふとんから出たくない!もう仕事行きたくない!」
私「・・・」

私は働きすぎていたのです。ウハネ(頭・思考)はもっともっと働かないといけないとウニヒピリの声を無視してきました。そしてウニヒピリであるからだをこき使ってきたのです。可哀想なウニヒピリ・・・私が無理やり働かせ続けてきたんです。「ごめんねぇ、ウニちゃん。少し、休もうか。」と話しかけていたら、キャンセルが入ったりしてなぜか暇になってしまったのです。これもちゃんと調整されているのでしょうね。これでいいんです。顕在意識(ウハネ)と潜在意識(ウにヒピリ)をしっかりつなげておくことが大切なんです。そして、収入が減ってしまいそうで不安かといえば、そうでもないんです。自分の本音を大事にしている満足感があります。いろんなテクニックを使うのも良いですが、ウニちゃんとつながるとハートがほんわかしてきます(だって、自分自身ですからね!)。つまり少し暇になったのは、ど根性で働くのをやめたからなんです(笑)私の中で調和がとれてくればきっとうまくいくでしょう。ウニちゃんのご機嫌が落ち着くまで少しぶらぶらするつもりです。宇宙にまかせてやってみます~。


3/13(水)フェイスリフト講座 満席

2019-03-06 [記事URL]

深~い変容のお手伝い!
心とからだの鍼灸師福井てるこです。

 

大人気のフェイスリフト講座です。たった1回の私のビフォーアフター写真がこれですもの。

 

        ↓

 

時間はお昼休憩を入れて7時間。単なるお顔のリフトアップの手技のクラスではありません!講座の中で老化と病・美醜などに関するあらゆる角度からのクリアリングを膨大にします。いろんな信じ込みや観念が外れるので実際に若々しく美しくなるのですよ~。5歳いや10歳若くなってみたい方はぜひ~。

場所 杉並区天沼3-2-18
   にれの木クリニック2階
   ふくいてるこ鍼灸室

日時 3月13日(水)10時半~17時半
   満席

料金 33000円

持ち物 筆記具、楽な服装(メイクは落とさないで大丈夫!)

ランチ 荻窪ラーメン春木屋さん、昔ながらの喫茶店などなど美味しいもの多数あります。

☆この他の日程も1名様よりリクエスト開催いたします。お気軽にお問合せ・お申込みくださいませ。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME