よくあるご質問

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]
ハヴィ

こういうご依頼はお受けしません

2021-03-23 [記事URL]

杉並区西荻窪2分のサロン、てるこの部屋です。

 

 

今日は少し言いづらいことを書きます。
主に心理的なセッション、お悩みなどについてですが、私はご依頼をすべてお受けしているわけではありません。誤解を招きそうなので説明しておきますと(私の経験値やセッションではご無理だと思います)(今は私のセッションのタイミングではないと思います)ということなのです。

また当然ですが、お問合せされた方が私のセッションをお選びにならないことも多々あります。ほとんどの方がどのセッションが合いますか、というお問合せなのですが、(〇〇が良さそうです。ただし〇回位かかる方もいらっしゃいます。)つまりある程度の期間や金額がかかりますよと返信するとぷっつり音沙汰無しということも普通です。思っていたメニューと違ったのか、私の返信内容が想定外だったのか、思っていた以上に時間や料金がかかることに驚かれたのか・・・そのお気持ちはいろいろ想像出来ますし、返事がないのがお返事だと理解しています。これにとやかくいうことも特別の思いもありません。時間は貴重ですから、お互いに無駄な時間は省きたいものです。また効果の出ないセッションや施術でズルズルとクライアント様を引っ張るようなことはしたくありません。もちろんやってみないとわからないこともありますので、1回やってみてはいかがですか?とお勧めすることは多いです。

私自身が自分が大嫌いで自分を信じることが出来なくて、他人と比較したり競争したり、物心ついてからずっと生きづらさを抱えて生きてきました。それが今のように何もしていなくても穏やかな幸せを感じられるようになるまで、決して簡単な道のりではありませんでした。なので(簡単です、すぐ解決します)とは言えません。ただし、コツコツとやっていく必要があるけれど、ご一緒にやっていきましょうとは言えます。難しいとは言いたくはないですし、簡単だとは言い切れません。その方その方の引っ掛かりの程度にもよるからです。魔法のようなことが起こると思われるのがいちばん困ります。(実は、自分の恥をさらすようなリアルな表現のブログを書いているのは、セッションに来ていただかなくてもシフトが起こるように意図しています。毎回かなりの時間をかけて書いています。特に私の考えがわかるお勧め記事を面倒でもお読みいただければと思います。私のブログで感情の解放が起こる方もいらっしゃいます。)

 

 

先日、遠方の方からお問合せがありました。通常はメールを読んで直観でわかりますが、お電話で30分ほどご相談をお受けしました。同じようなご相談は多くありますので、今まであったご依頼・ご相談内容をミックスさせて一般化させて書いていきたいと思います。例えばお子様の元気のなさ・不登校などについてお願いしたいというような内容です。こういったご依頼についての私の答えはあり余っているエネルギーを使いなさいのブログ記事に書いています。もちろん、このブログの内容が完全に当てはまる場合ばかりではありません。ご依頼された方が生き生きとすればすべてが解決するわけではなく、ご家族全員の関係の大改造・再構築が必要になってくるケースもあるでしょう。ご家族一人一人が影響を与え合って受け合っているからです。

簡単に言えば私の考えはお子様本人を何とかするより、それを心配しているご相談者様にセッションを受けていただくことをお勧めしています。(私がこれを受けたら子どもが元気になる)という考えはいったん脇に置いて、まずご自分のためだけに受けていただきたいのです。それが出来るかどうかなのです。残念ながら「それはわかっているのですが・・・」という、子どもが元気になれば問題は解決するとお考えの方が多いのです。なので、お子様のことを依頼すればなんとかなるだろう、してくれるだろうというお考えの方のご依頼を私がお受けすることはありません。つまり、今はタイミングではないのです。もちろんこれは今は私のセッションのタイミングではないということであって、傾聴のカウンセリングなど活用されるとよいものが他にもたくさんあります。そこから深い気づきが得られる場合も多いでしょう。

 

 

突然ふと思い出しました。
荻窪に治療院を構えていた頃、大森一慧先生のお料理教室に少しだけ通っていたことがあります。純正穀物菜食研究家の一慧先生のお話はいつもとても楽しく伺うと元気が出ました。ある時生徒の一人がこんな質問をしました。「私は添加物が入っている加工食品やらお砂糖がたっぷりのパンやお菓子が大好きでどうしてもやめられないんですが、どうしたらいいでしょうか?」すると一慧先生はニッコリ笑って「やめるだけです。」と。「やめる人はすぐやめるんです。この教室に来てハッと気づいて、家に帰るなり冷蔵庫の中の調味料や食品を全部捨てます。やめられる人はそういう人です。」

私は一慧先生がますます大好きになりました。実はその後、何年も後に一慧先生が治療院にいらしてくださったことがあります。お弟子さんが連れて来てくださったのです。もちろん私が当時通っていた生徒だったことは忘れていらっしゃいました。当時より小さくなられた先生は私のアクセス・バーズを受けて仰向けの姿勢から目をパッと見開いて施術をしている私を見上げ「すごいわぁ。これほどのエネルギーはどんな修行をなさったの?」と。(先生、これはたった1日で身に付けられるものなんですよ)とは恥ずかしくてもちろん言えませんでした。起き上がった先生は「わぁ、細かい字も良く見えるわ」ととても喜んでくださいました。

話がそれました。「私が変われば子どもも変わると頭ではわかっているんですが、それでも子どものセッションをやってほしい」というご相談者の方々を思い出しながら、なぜか一慧先生のニッコリ笑った容赦ない言葉「やめる人は家に帰ってすぐ全部捨てます。」が思い出されたのです。どうか、この厳しくも優しい言葉が必要な方に届きますように。

 

*この考えは現時点のものであって、これから私が様々な研鑽を重ねていけば考え手法も変わる可能性があります。また今後臨機応変になっていく可能性もありますことをどうかご了承ください。


私のセッションではどんなことをやっているのか?

2020-04-22 [記事URL]

こんにちは、てるこの部屋です。
(今日のブログは読むだけで気づきが
起こる方がきっといらっしゃいますよ~)

私の治療院のメニューは多いんです。
ありすぎて迷うとよく言われます。
片っ端から受けたいとおっしゃって下さる
有難い方もいらっしゃいます。

元々は(今でも)鍼灸師ですが、
夫が悪性脳腫瘍になったことを
きっかけに、潜在意識のことや
エネルギー、ヒーリングなどの
目に見えないことをやり始めました。

今現在、いちばん需要が多いのは
アクセス・バーズです。
バーズ講座、フェイスリフト講座、
ボディプロセス講座等合わせて
430人以上の方にお伝えしています。
とっても詳しく説明していますので
ぜひ上記のページをお読みくださいませ。

その他にヒプノセラピーも人気です。
その中でも癌や病気と対話する催眠療法
を数多く行っています。

 

最近では、
潜在意識・言葉・からだを調整する
「意識の扉を開く」セッションという
オリジナルセッションをしています。

このセッションにご興味を持って
くださる方が非常に多いのですが
一言では上手く言い表せません。
なので、絵で表現してみました(笑)

 

小さくて見づらくてすみません!
 

お話を伺い、何を問題だと思っているか
を明確にしていきます。
そしてご自分がどんな在り方を
選んでいるか(←これ重要)に
意識を向けていただきます。

ほとんどの方は何か問題が起きると
その意識のベクトルを相手や出来事に
向けます。

しかし、それを問題だと思う真の原因は
自分の中にある
のです。
なので、意識のベクトルを自分に
向けていただくのです。

私のセッションは対症療法(鍼灸など)も
行いますが、基本的に根本療法です。
知らず知らずのうちに自分を
弱者・被害者・犠牲者の位置に
押し込めて、その役割をし続けてきた
ところを解除していきます。
(そのポジションから出ていただき、
もっと機能的なポジションに入っていただきます)
楽しんでいる役割や自覚して好きでやってる
役割ならばそのままでいいんですよ。

今までの役割に名前を付けて
いただいただけで自覚的になるので
在り方がガラッと変わる方もいらっしゃいます。

私は梯谷幸司先生の「心理技術」を
学んだので、言葉やワークで外すことも
やっていますが、今現在は独自の技術を
使っています。
例えば「自分は情けない人間だ」とか
「自分には無理だ」「自分には難しい」
などのムードやエネルギーを解放しています。

いわゆる、左脳(心理技術、脳科学、
言語学、心理学等)を使いながら、右脳
(直観、リーディング、エネルギー)を
一緒に行っています。
その解放されるエネルギーの体感に
驚かれる方が多いセッションです。
私が扱っているのは相手や出来事ではなく
クライアント様ご自身のものの見方
まとっているエネルギーなのです。

コロナのこともあり、
オンラインも行っています。
対面で行うことと比べて
なんら遜色はありません。

コロナは、私たちに物理的にも
個をしっかり体感し内側に向かうよう
促しているように感じます。

この自粛の機会はチャンスです。
長年抑圧してきた不要な思い込みや
ネガティブエネルギーを解放する
機会になれば、この先の未来も明るく
スッキリとしたものになるのではないでしょうか?

 

意識の扉を開くセッション
5月末日までの特別価格
対面でもオンラインでも可
1時間20000円→10000円
2時間33000円→16500円
お申込みはこちらからどうぞ


Q:癌患者ではないですが、催眠療法を受けることはできますか?

2014-03-23 [記事URL]

A:もちろんです。病気でなくてもお受けいたします。身体だけでなく、心の漠然とした不安や不調も潜在意識からのサインです。

続きを読む


Q:催眠状態って意識を失うのでしょうか?

2014-02-19 [記事URL]

A:潜在意識は無意識ともいいます。無意識というと意識を失っているような誤解を受けることがありますが、違います。

続きを読む


Q:催眠術とどう違うのですか?

2014-02-19 [記事URL]

A:催眠術と催眠療法は、基本的には同じ原理です。催眠術は、ショーとして面白おかしく演出しています。催眠療法は、催眠状態を問題解決の方法として使っています。

続きを読む


Q:映画のように映像が見えてくるのでしょうか?

2014-02-19 [記事URL]

A:催眠療法を世に知らしめたのは、米国のブライアン・L・ワイスという精神科医です。彼の著書「前世療法」を読むと、まるで映画のように物語が始まっていく印象を受けます。

続きを読む


Q:必ず病気が治るのですか?

2014-02-19 [記事URL]

A:もちろん治るとはお約束できません。催眠療法は、病気と向き合い、健康になるために、ご自身の心(潜在意識)の中にあるものを感じていくものです。健康になるための鍵は、ご自身の中にあるのではないでしょうか。そしてそれは、医療の力より大きい場合があるかもしれません。

続きを読む


Q:がんになった友人に受けさせたいのですが?

2014-02-19 [記事URL]

A:ご本人が希望することが第一です。無理やり連れていらしても、思うような変化は得られないでしょう。「積極的」に受けることがとても大事なのです。催眠は、他者から言葉で誘導を受ける他者催眠でも、自己暗示の自己催眠でもすべて、「積極的」にやりたいと思う気持ちがなければ成立しません。

続きを読む


Q:家族に付き添いしてもらっていいですか?

2014-02-19 [記事URL]

A:治療院に付いて来ていただくことは、もちろん大丈夫です。セッション中は、付き添いの方には席をはずして頂きます。誰にも気がねすることなく、リラックスすることが大切です。治療院には、待合室がありますのでそちらでお待ちいただくか、
駅前のカフェなど、近所でお待ち頂いてもけっこうです。


Q:着替えは必要ですか?

2014-02-19 [記事URL]

A:特に着替えは必要ありませんが、ゆったりとリラックスできる楽な服でいらして下さい。アクセサリーや、眼鏡、ベルト、時計は外して頂きます。


Q:録音は出来ますか?

2014-02-19 [記事URL]

A:録音機材(ICレコーダーなど)をご自身でお持ち頂ければ録音いただいても大丈夫です。


Q:何回くらい受けるといいのでしょうか?

2014-02-19 [記事URL]

A:個人差があり、その方によります。以前に催眠療法を受けたことのある方は、1回で納得する変化が得られる方もいらっしゃいます。がんなどの病のための催眠療法は、2~3回受けられる方が多いですが、ご本人にお任せしています。ご自身のモチベーションを維持するために2~3カ月おきに受けられる方もいらっしゃいます。

続きを読む


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸・遠隔ヒーリング
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME