夫に催眠療法をしました。

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

夫に催眠療法をしました。

2014-10-25

夫に、催眠療法をしました。
鍼灸でも、ヒプノでも、身内にやるのは意外と難しいものです。
鍼灸学校時代の恩師、伊藤瑞鳳先生は、
「身内に、ハリが出来るようになったら一人前だ。」とおっしゃっていました。
身内だと力が入り過ぎるのでしょうか?距離感が取りづらいのかもしれません。


何回もやっているので、夫はすぐ催眠状態に入ります。
即効誘導で催眠状態に入ってもらい、夫が生後9カ月の時に戻ってもらいました。
その時に彼は、階段の上から下まで落ちて左脳を損傷してしまったのです。
そしてそれ以来、右片麻痺の障害者として生きてきたのでした。
夫である赤ん坊は、2階で一人で寝ていたようです。
自分が一人ぼっちだと気付きました。
夫「あれ、1階で声がする、、、。」
夫「行かなきゃ、行かなきゃ、、、。」
すると、階段から落ちてしまいました。
ダーン、ダーン、ダーン、ダーン、、、、、、
夫「びっくりしている、、、。」
夫「怖い!」
夫「泣いている。」
夫「お袋が、電話しているようだ。」
私「じゃ、もう一度、階段から落ちる前に戻りますよ。3、2、1、ハイ。」
2階の階段の前にいる赤ん坊の夫。
夫「どうやって、ここを降りたらいいのかなぁ?」
私「あなたは、そこを降りようとすると転げ落ちてしまうのよ。そこから先は行かないで。」
夫「何もないから、降りちゃうよ。」
私「じゃあ、階段の手前に箱を置きましょう。」
夫「箱じゃ、軽いよ。」
私「じゃ、茶箱がいい。重いから、あなたには動かせない。」
夫「本当だ。ふさがれて階段には行けない。」
夫「これで、僕は落ちない。良かった・・・本当に良かった・・・」
夫の顔に、安堵の色が浮かびました。
夫「でも、僕は2階に一人ぼっちだよ!」
私「お母さんを呼びましょう、ハイ。」
夫「お母さんだ!」
夫「もう、僕を一人にしないで。抱っこして!」
お母さん「わかったよ。」
夫はお母さんに、抱っこされたようです。
夫「これだよ。これ。これが好きなんだ。」
夫である赤ん坊は、抱っこされて満足げです。
これで、生後9カ月の時に受けた心の衝撃がやわらげば大成功です。
過去を癒せば、今も変わる可能性があるからです。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME