愛する人を救いたい

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

愛する人を救いたい

2014-11-22

ご家族に催眠療法を受けさせたいというご相談をたまに受けます。
癌や難病のご家族の方のお気持ちは、私も痛いほどわかります。


そこで、必ず確認します。「ご本人は本当にやってみたいとお思いですか?」
大抵、そうではありません。
なんでいらしたのか伺うと、「強制」と答えた方もいらっしゃいました。
この方は、素晴らしいビジョンを掴んだので、結果オーライだったのですが、
無理やりはできるだけ避けたいですね。
催眠は、他者催眠であれ、自己催眠であれ、
自分がやってもいいと許可を出しているので、催眠状態に入れるのです。
すべての催眠は「自己催眠」といえるでしょう。
本人の「やる気」や「積極性」が重要なのです。
愛する人のために何かをしたいという気持ちはよくわかります。
何かすることがあるという、その希望もわかります。
でも、でもですよ、、、
患者ご本人は、「何かやる」ことに疲れているのかもしれません。
本当はやりたくないのに、無理に合わせているのかもしれません。
本音を聞いてみましょう。
言葉じゃなく、顔を見ればちゃんとエネルギーで伝わってきます。
そして、本当にご家族が取り組まなければならないのは、「自分」のことです。
自分が自分をどう扱っているか、です。
ひよっとして勘違いしていませんか?患者さんが自分より早く死ぬって思っていませんか?
そうではないかもしれませんよ、ご家族のほうが突然死んだりしてしまうんですよ。
あなたは、あなたのことを精一杯愛して、大事にして、正直に生きるしかないんです。
そうしていくと、あなたの愛する人に「変化」が起こるかもしれません。
本当に不思議なことですが・・・とても逆説的な真実だと思います。
すべては繋がっているので、患者さんを変えてあげようなんて思わなくていいんです。
患者さんは、自分の精一杯やっています。
患者さんを信じて下さい。
あなたも、あなた自身を信じて下さい。
怖いこともたくさんあるでしょう。
目を逸らさなければ、大丈夫です。
もう一度言います。
目を逸らさなければ、大丈夫です。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME