不思議な人、不思議な治療

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

不思議な人、不思議な治療

2015-07-25

シンクロニシティが続いています。
どうやら夫は、海馬を少しばかり取って
ますますゼロ・フィールドにつながったようです。
元々、神社に行けば神様を見る人だったのですけどね・・
(シータでいう7層につながりっぱなしみたいです)


04918f3fa52d87696f02f8ab82fe6989_s.jpg
先日もブログに書いたように、
ヒーラーさんに「ガチガチにつかんだ手を放しなさい」
と言われて家に帰ると、
「本を1/2に減らすといいって入ってきたよ~」と、
夫が言うのです。
即実行したら、エネルギーが動き出しました。
そして、シータヒーリングの応用コースで
「ハートソング」という手法を学んで帰ると
夫がいきなり私のお腹(腹痛だったのです)に
手を当て、「MMMMMMMMM・・・・」と
低音のハミングをやり出したのです。
えっ?なんで「ハートソング」を知っているの?
「なんとなく、お腹に手を当てたら、声が出ちゃった。」
あぜん!!!
「ハートソング」とは、
「臓器(患部)の音色(トーン)を聞かせなさい」あるいは
「悲しみ(他の感情でも)を、私の声の音色を通して
ハートソングを通して解き放たれるよう命じられました」と
すべてなるものにコマンドする手法なのです。
シータで「ハートソング」を学んだ時、
「あっ、これは寺山心一翁さんがチャクラの
バイブレーションを感じていって
ご自分の末期がんを治された手法だ!」と
感動しました。
肉体も物質もすべて粒子だそうです。
それらは、固まっているように見えても
それぞれの振動数で振動しているそうです。
癌には癌の、リウマチにはリウマチの振動が
あるのではないかと思います。
私が学んだことは何も知らないのに
夫は正確に再現したのでした。
そして、私の腹痛は消えたのです。
その翌々日でした。
ある場所である方が、
音叉を使ったヒーリングは良いと
お話されました。
その方の回復が素晴らしいので
興味がわいて詳しくお話を
伺いました。
そして、
家に帰ると、また夫が私の右手を取り、
ハミングを仕出したのです。
肘~前腕~手首~手のひら~小指~薬指・・・
音がどんどん低くなりました。
すると、夫は高い音でハミングを仕出しました。
自分の口元に私の
傷んだ手を持っていき、聞かせているようです。
またハミングを肘から順番に確かめました。
今度は肘から指まで同じ高さに揃っています。
まるで、今日お話を伺ったばかりの音叉治療だ!
「なんで、そんなことやったの?」と私。
「君の手が気になって、周波数を確かめたんだ。
そうしたら、ものすごく低いから上げただけだよ。」
上げただけだよって?
音叉治療のことは何も話していないのに!
実は、1週間前ほどからリウマチのように
毎朝右手だけが激痛だったのです。
日中はまるで痛みはないのですが、
早朝4時くらいから起きるまで強張り、
まったく動かせないのです。
夫のハミング治療?は2日続きました。
1週間ひどい痛みだったのが、
10→7→4というスケールくらいに
下がってきました。
それにしても、波動治療というか周波数治療の威力と
何も知らないのに突然やり出す夫の不思議さに
驚かされました。
しばらく、「からだの調律師」夫の治療を
続けてみようかと思っています。
(ちなみに、夫は自分の整骨院の音色(トーン)も
調べだし、玄関あたりが低いので自分の高音で
調整しました。簡単にエネルギー調整ができるように
なったようです・・・
即効性があるのですが怪しいので、既存の患者さんには
決してやらないように言い聞かせています(笑)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME