ボディ・プロセス「往復する次元性」

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

ボディ・プロセス「往復する次元性」

2016-03-28


b139d01ca2d8c4aaffdc83fd0745cfe4_s.jpg
(ここから、ご感想です)
I様  40代  東京
2月末から突然ひどい腰痛に
なりました。
てるこさんに、鍼をお願いしようと
治療院に伺いました。
「鍼ではなく、アクセスの
ボディプロセスをしてみませんか」と
問われ、夏樹静子さんの腰痛放浪記を
読んでいたこともあり、「はい」と答えました。
てるこさんの暖かい手が
腰にそっと置かれ、
とても心地よい気分です。
しかし、てるこさんはゲホゲホと
咳き込んだり、グェッと言うのです。
「どうされましたか」と尋ねると、
大変冷静に「近頃から、こんな風になりました」と。
私の身体の中の毒のようなものを、
てるこさんが身体を通して、
ゲホゲホと出してくれてるようです。
すごい。てるこさんはパワーアップ
してると思いながら暖かい手を感じました。
すると、確かこんな言葉で
「責任と押し付けを勘違いして
いませんか」と、てるこさんが言いました。
え(驚)・・・・・。
「こどもを育てる、母親として、
しっかりしなきゃ、仕事でミスしちゃ
いけない、休んじゃいけない、お金を
貯めてない、PTA、親孝行してない、
良い妻じゃない」といろんな想いが
湧き上がって来ました。
そう言えば、夫は「押し付けがましい
んだよなぁ」と言ってたな。(モワモワ~)
それらを、てるこさんに伝えました。
ひどい痛みはその日だけ、
「消滅」しました。
翌日からは、ひどい腰痛のままでした。
実際には、てるこさんのご主人の
小太郎先生から整体を数回受け、
順調に回復しています。
なので、「痛みが消滅」した時間は、
とても楽でしあわせでした。
「責任感と押し付け」は消滅したままです。
(多分)
以上です。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME