「余命一日」

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「余命一日」

2016-05-29

葬儀の互助会からの会報が
届いていました。
その中に「余命一日」という
エッセイが載っていました。


894658679d842bd3371509b579609ee1_s.jpg
5人の身内の介護と看護を
やってきたカウンセラーの羽成さんと
いう方のお話でした。
羽成さんは、死を
「一生懸命に生きた人に
与えられるご褒美」だと言っています。
姑の介護で四苦八苦した羽成さんを
救ってくれたのは、
自分自身の「死」だったそうです。
つまり・・・
「私の命は今日限り」と思うことで
毎日生まれ変わる自分を発見したそうです。
姑にもそれを当てはめ、
自分と姑は毎日死んで
翌日、新たな命で生まれ変わる、
そう思うことで救われたそうです。
いいな・・・
そう思えたら、いいな。
私もそう思うようにしてみよう。
「私の命は、今日限り」
頑張ることをやめれるかな?
悩むこともしなくなるかな?
もう幸せも探さないかな?
優しくなれるかな?
自分にも、他人にも・・・
「私の命は、今日限り。
バイバイ皆さん、ありがとう!」
     ↑ 
これ、効きます!
書いてるそばから、悩み消えた!


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸 胃上げ 背骨の調整
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME