病気をやめる心理技術「他人のニーズを満たさないと価値がない?!」

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

病気をやめる心理技術「他人のニーズを満たさないと価値がない?!」

2017-07-16

自我統合療法のモニターで
いらっしゃいましたが、
直感で心理技術を使いました。

 

目の前の問題(と思えるもの)を
なんとかする対症療法ではなく、
根本にアプロ―チするのが
心理技術を用いた「言葉・からだ・
意識のカウンセリング」です。

 

しかし、ちょっぴり褒められすぎて
しまった・・・恥ずかしいなぁ・・
私自身も必死で生きているというのが
真実なのですよ・・・


5b8df4b86fb0069f45b9d5826468ddce_s.jpg

(ここから、ご感想です)

K様  30代   東京

今日はてるこさんに自我統合療法の
モニターセッションを受けさせて
もらうため伺いました。

 

私の話から、てるこさんがその場で
私に合わせたセッションにして下さり、
心理技術とアクセスバーズの考え方を
織り混ぜながら進めて下さいました。

 

まず自我統合療法で事前に言われていた
トラウマを書き出すというのがあったのですが
自分が書いたその多くが感情ではなく
思考で書いていたということが分かりました。

 

また事実を細かく書きすぎてしまい
自分でも整理できなかった所、
今の自分が困っていることに焦点を当てて
てるこさんが聞き出してくれました。

 

何の否定もジャッジもせず
ありのまま聞いてくださいました。
自分の中にあったものを口に出してみて
それを聞いてもらうことは大きな安らぎでした。

 

「全ての出来事はメリットがあるからやっている」

 

私の場合、自分には価値がない、
だから大切にされないという信念を
いつの間にか持っていたことが分かりました。

 

その信念を持っているからこそ、
現実世界の色々な人が色々な形で発する
言葉や態度を、自分に価値がないから
こうなんだという認識に結びつけている
のだと分かりました。

 

自分が思い込む信念を他人がはっきりと
言葉で言い表すということはおもしろいですね。
不思議で仕方ありません。
こんなに辛いと思っていたことが
自分で作り出していたとは。。

 

そしてまた別の見方をすれば、
そのような現実も全て、
自分が望んでしている体験であること。
自分は被害者で無力だと思っていましたが
違っているのですね。

 

今までの私はいつも人の評価を求め、
人が求めるものに合わせなければと
思ってきました。
でも本当に今もそれが必要なのか?
自分に問いかける機会になりました。

 

てるこさんご自身も真摯に目の前のことに
取り組まれている。その姿はとても誠実で
美しく感じました。とても励まされました。
てるこさん、お忙しい中、
長く貴重なお時間をとってくださり
本当にありがとうございました。
てるこさんに教えていただいた視点で、
起こることを体験してみようと思います。
本当にどうもありがとうございました。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸/ DRT
ことほぎ(言祝ぎ)セッション
何を受けたらいいか相談してみる
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME