盗まなかったのがいけないの?!

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

盗まなかったのがいけないの?!

最近、にご縁があります。

つい先日は、プロセスワークの
アーノルド・ミンデル
来日セミナーで子どもの頃の夢
ワークしました。

そして、現在は坂内慶子先生
夢療法家講座で学んでいる生徒さんの
クライアントとして4回受ける
セッションの真っ最中です。

このクライアント役も一応
選抜されるみたいで、
私の場合、坂内先生からご連絡が
ありました。

以前に夢療法家の講座の問い合わせを
したことがあったのです。
夢療法家の勉強は今は出来ないけれど
クライアント役なら良さそうと
了解して先生のところに伺いました。

以前に私が問い合わせしたのは
2014年だったそう・・・
今回、坂内先生はなぜか私の名前で
手が止まり、連絡を下さったそうです。

クライアント役をやる前には
先生のセッションを受けることに
なっています。
先生のセッションを受けることを
決断した直後に見た夢を
持っていきました。

私が一通り話すと先生は
こうおっしゃられました。
「これは・・急を要する夢です。」

 

 

それは、こんな夢でした・・・・
小さな駅の駅前にあるさびれた家。
まるで京都の町家のような奥行のある作り。
駅前の玄関のほうはみすぼらしいが
中に入るとどんどん広がり、裏口は
かなり広くて宗教団体の建物でした。
神道系の新興宗教なのか、畳敷きの
道場もあり、とてもさびれた玄関からは
想像も出来ない広さ。
ただ、その宗教団体は今はやっていない
ようで、過去の栄華という感じです。
そして、その建物の中間地点には
中庭もあり、生け簀にたくさんの金魚が
いるのです。
夫はその金魚を盗んで、それを餌にして
また何かを捕まえようとしていました。
私も夫につられ、こんなにたくさん
いるのだから、少しくらい盗んでも
かまわないだろうと盗みかけるのです。
しかし、これは犯罪だからいけないと
踏み留まるのでした。

ここまで話すと、先生は
こうおっしゃいました。
「それがいけないんです!」

え?思わず自分の耳を疑いました。
先生にきちんと伝わらなかったのかな?
しかし、そうではありませんでした。

夢の中で犯罪を踏みとどまった自分を
誇りに思っていた私に、先生は
それがいけないんですよと
はっきりとおっしゃったのです。

夢の中の行為は本能に従っていて
それを理性で踏みとどまるなんて
ジャッジメントが強いのだというのです。

今年いちばんのびっくりでした。
盗みをしなかったことがいけないだなんて!

先生は続けておっしゃいました。
「あなたも古い魂です。宗教のカルマが
ありそうです。ジャッジメントが強いです。」

・・・・・・・・・・・・・・
私は24年前にある能力者に言われたことを
思い出していました。
その方の家に私が尋ねていくと
玄関先で私を見るなりこうおっしゃったのです。
「やっぱり!!私と同じような方が
来ると思って、楽しみにしていました。」

私と同い年のその女性は
不思議なことを話し始めました。
「あなたは宗教カルマがあります。
過去世において、宗教をやり過ぎたのです。
ですから今生は宗教組織に入ることは
お勧めしません。
あなたはこれからとても苦労します。
そして、試され、私と同じような仕事を
やっていくことになります。
あなたはとても純粋ですね・・・
神様は子どものように純粋な人が
大好きなのです・・・」

結果的には
その能力者に言われたことの
ほとんどが当たってしまいました。
運命などという考えは捨ててしまおうと
努力はするものの、こうやって
また引き戻されてしまうのです。

・・・・・・・・・・・
ところで
坂内先生は驚くようなことを
おっしゃいました。
それは、常日頃夫が私に
言っていることと同じであり、
チャネリング患者さんが教えて
くれたメッセージでした。

これから先、夫と私は死を越えて
メッセージをやり取りするという
普通では信じられないような話なのでした。

実は、あの星海ケンさんも
二人は死後探索の良いパートナーに
なると言って下さっています。

これからは治療というより
魂は永遠だということを
私なりの方法でお伝えしていくの
でしょうか・・・・


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME