「どんな思いで行うか」が大事です。

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「どんな思いで行うか」が大事です。

2015-05-02

夫が、ゴールデンウィーク限定のチラシを
ご近所にポスティングしています。
癌になって何カ月か休んだら、患者さんが減ってしまったのです。


毎日毎日、はがきを書いたり、ポスティングしています。
でも、なかなか思うような成果は出ません。
当たり前なんですよね!
足りない、足りない、このままじゃ整骨院がつぶれちゃう!という
欠乏感から、行動しているのですから。
過中にいる時は難しいですが、大切なのは何を行うかではなく、
どんな気分感情で行うか、なんです。
「在り方」が大事なんです。
欠乏感から行動したものは、また欠乏感を味わわせてくれます。
集客しなきゃと焦っている時は、いったん休憩しましょう。
遊びに出掛けてもいいです。
喫茶店で美味しいコーヒーを飲んでもいいでしょう。
自分が怖れや不安から行動していると気がついたら、
切り替えましょう。
以前の夫のように、
「来る人は来る。来ない人は来ない。」と
患者さんに執着しなくなったら、患者さんはやってきてくれます。
宇宙の法則は、どうやらいつもそんな感じです。
手放すっていう方法や、、、
「いつもありがとう」と感謝の気持ちを送ってみるとか、、、
そんなやり方がいいですね。
欠乏感から焦って何かするのは、無駄というものです。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME