私にはつける仮面がない

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

私にはつける仮面がない

2019-05-29

からだ潜在意識を整えて、楽で自然に生きる!福井てるこです。非二元好きの私ですが、今日のお話はスピリチュアル100%です。苦手な方はスルーなさってくださいね~。

 

先日、知人のところへセッションに伺いました。彼女はまだ開業して1年半も経っていないのですが、宣伝もしないのに予約がいっぱいです。興味深々で伺いました。というのも以前の彼女は7年もの間、私の鍼灸の患者さんだったからです。そして彼女は180度の転身を遂げた驚くような逸話の持ち主なのです。

彼女、仮にAさんとしましょう。Aさんは現在はヒーラーセラピストです。というよりこれぞライトワーカーなんです。突然能力が目覚め、人類のアセンションのための仕事を始める・・ライトワーカーってそんなイメージですが、そんなことが実際にあるわけねーだろ、スピ業界のインチキ話とバカにしていました。それが、自分の治療院に通って下さっていた方に起こるなんて!しかも、彼女Aさんは一流企業に勤務していた美しいキャリアウーマンです。会社の中枢で財務の分析やら固い難しい仕事をこなしていた方なんです。私の治療院に来る時はいつもクタクタでした。古典鍼灸では脈診をするのですが(もうご臨終?)というほどの弱い脈で、喘息の持病を抱えていました。それでも猛烈なワーカーホリックでしかも遊びも存分に楽しむ方でした。まるで生き急いでいるよう。治療者の言葉がどれだけ暗示になってしまうか私はよくわかっていましたが、彼女Aさんだけには「休まないと死んじゃいますよ!」と本気で伝えたものです。

 

 

ある時から、Aさんはいらっしゃらなくなりました。職場が転勤になったからなぁ、そう思っていました。しかし突然「てるこさん、アクセス・バーズ習いたいんだけど!」と連絡がありました。え?え?え?彼女はスピリチュアルにもヒーリングにも全く興味がない方だと認識していたのでびっくり。実際に治療院にやってきたAさんから聞いた話にはさらにさらに驚かされることになりました。

彼女はそのキラキラ輝かしい印象とは裏腹に、ご主人が事業の失敗で何千万もの多額の借金を抱えていました。当時、財布の中には数百円しか残らなかったそうです。専業主婦だったAさんは、幼い子供たちに文字通り食べさせるため難関資格を取り就職したのです。そしてあっという間に出世していきました。しかし、彼女は借金の連帯保証人でした。借金は返しても返しても減らず、自分の一生は借金を返していくだけで終わると思っていたそうです。

そんなある日、駅のホームで立っていると声が聞こえてきたそうです。「もう死んでもいいかな・・」誰の声だろうと辺りを見回すと驚くことに自分が発した声だと気づきました。Aさんはその時初めて、本当の自分と表面的な自分が完全に分離していることに気づき、振るえが止まらなかったそうです。その時ビリビリっとからだ中に電気が走り抜けました。

あまりの苦しみと絶望に、死への一線を越えるところでした。その瞬間がAさんの目覚めの瞬間でした。彼女はそれから努力したわけでもなく大いなる存在を1㎜の疑いもなく信じられるようになったそうです。そして、自分の前世や今生での役割をビジョンで見せられたのだそうです。自分の仕事はエリート会社員ではなく、人々を本来の自分に戻す役割であると知らされたのです。(ところでなんと!多額の借金は意外なところからの収入で全額なくなったんですって!しかも、彼女はほとんど食べない人になり、からだも健康になり喘息も完治してしまったのだそう!本当に奇跡の人です!)

Aさんいわく、当初の計画よりずいぶん成長が遅かったというか、巻きが入って不思議なお知らせがバンバン来たそうです。その一つが大天使の家庭訪問です(笑)友人からホスティング・エンジェル(大天使5人を自宅に招くというチェーンメールみたいな遊び)を頼まれたAさんは気軽にOKしたそうです。約束の時間にドアを開けると、獣のような羽のある5人の裸の大男たちがぞろぞろ入ってきたそうです。大天使という言葉も知らなかった彼女は、友人に電話をして確かめたそうです。「なんか変なの来ちゃったみたい!」彼女はスピにも全く興味がなかったので、キューピーみたいな赤ちゃん天使が来ると思っていたのです。このエピソードは私の治療院でも評判になり、一頃大天使を呼ぶということが流行りました。(ちなみに私の夫も普通に見えていました。彼らが帰る時はものすごいスピードでビューンと飛んでいくと言っていました。)

目覚めたのは素晴らしいけれど、今まで会社員だった彼女がいきなり何を始めるんだろうと正直私は疑問でした。会社をやめてしまって大丈夫かなぁと思っていました。しかし彼女はいくつかの手法を学び、それでサクっと開業してしまいました。ほとんど習っていなくても前世の記憶が蘇り、自分がヒーリングしていたことを思い出すのだそうです。人の過去世も映画のように見えるようになったということです。また、人の意識を書き換えることもシュッと簡単に行ってしまいます。

Aさんの驚くような転身と飾らないエネルギーにびっくりして私はこう言いました。「すごいね。何も仮面をつけてないんだね。私もかなり正直なほうだけど、、、」すると彼女は言いました。「私は今までの人生で何千という仮面をつけてたもの。いつもうまくいっている自分を演じていて、それが壊れるのが恐かった。しまいにはどれが本当の顔だかわからなくなってしまった。それがあの時仮面が剥がされて、、もうつける仮面が1枚もないだけよ。」彼女は美しく笑いました。

彼女Aさんは1㎜も嘘がありません自己矛盾がありません。これこそが自己の本質を生きているということだと感じました。だからこそ100%自分を信じているし、ヒーリングの結果も出ているのです。やってきた年数でも習った手法でもないんですね。私にとって本当に勉強になりました。(もし自分のことを信頼することが出来ないとお悩みの方がいたら、信じることに努力するよりも嘘をつかないようにするほうが近道かもしれないですね。)

Aさんからは私と夫の前世をチラリと教えてもらいました。何回も何回も生まれ変わり、共に成長していくことを決めた魂の相手、前世では殺し殺されもしたそうです(それは自分でもヒプノセラピーで何回も見ていましたので、驚かなかったです)。このまま順調?に行けば、今回が長い繰り返しの最後になるそうです。(本当だとしたら感無量!地球の不便さと苦しみや悲しみのネガティブ感情をもっと味わっておかなきゃ(笑)彼女は言いました。「てるこさんも地球がこれで最後みたいね。最後だと大変だよね。大きな愛を学んでいるよね。」私は答えました。「愛ねぇ、愛はわからないけれど、、。夫がおしっこやウンコ漏らしちゃって大変よ。」すると彼女はにこやかに「大きな愛の学びには汚い醜いものを見るのよ。愛もウンコも同じもの。だから、ウンコまみれでいいの。それが愛の仕上げなの。」 大きな愛はウンコまみれ・・・そうかぁ、素晴らしい言葉だなと感心しました。そして世界中のウンコまみれになって大変な思いをしている同志に伝えたいなと思いました。「大きな愛はウンコまみれ(笑)ガンバ!」


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME