治る・治らないを超えた世界

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

治る・治らないを超えた世界

からだ潜在意識を整えて、楽で自然に生きる!福井てるこです。

 

先日のがんコンベンションでうかがった、末期癌を治した人として有名な寺山心一翁先生のお話です。寺山先生は三大療法をした後、まだ入院が必要なのに医師から退院を勧められました。自殺のおそれがあると思われたからだそうです。しかし、毎朝日の出を見て、そして癌に愛を送り続け、3年以上かかったそうですが、ご自分で治してしまいました。経過観察のため、病院に行くと担当だった医師が驚いたそうです。「いったいあなたは何をしたんですか!?」と。そして何回も「あなたは素晴らしい!あなたは素晴らしい!あなたは素晴らしい!」と興奮して言ったそうです。

その医師は寺山先生の状態が良くなるとは1㎜も思っていなかったのでしょう。その医師に限らずですが、転移した末期癌が治るとは普通は考えられないのでしょうね(←これが思考の制限というものです)。たくさんの患者さんを診てきているので無理もないことだとは思いますが、そこをなんとかならないものかと思います。医師が(医師に限らず、看護師でも薬剤師でも鍼灸師でも・・)『この人は治らない』と思っていたら必ず伝わってしまうのです。どんなに上手に隠していても潜在意識と潜在意識とのコミュニケーションが起きています。無意識レベルでは情報交換が行われているのです。

なので、『この人は治らない』と思っている医療者にお世話になるのは、本当に損です。(しかし、自分が許可したことしか起こらないということで考えれば、患者本人が作り出している現実だとも言えますが・・)私が2年前から勉強を続けている自然療法士講座(別名 癒し人講座)では、ホ・オポノポノを勧めています。すべてをクリーニングするのです。たとえば『この人は治らない』と自分が思っていることに気づいたら「ありがとう・ごめんなさい・許してください・愛しています」の4つの言葉でそう思ってしまった記憶や出来事が起こった記憶を消去するのです(どの記憶がそれを作り出したかわからなくてもいいんです!)。ホ・オポノポノではゼロにすることが大切と言われています。すべての病院やクリニックの医師や看護師さんたちが毎日クリーニングを始めたら、どれだけの患者さんが救われることでしょう。(←私のこの思いもクリーニングです(笑)

 

 

かつて、ヒプノの最中に自分の死の瞬間を見たいとおっしゃった方がいました。一瞬、恐ろしい痛々しい場面だったらどうしようかと躊躇しましたが、クライアントのおっしゃる通りに今生の死の瞬間に行ってみました。するとそこには痛みも苦しみもなく、子どもの頃過ごした田舎の風景が延々と続く素晴らしい場面だったのです。私はホッとしたと同時に、死は恐いものではなくむしろ優しいものだと直感的に確信しました。

私が病気の方にヒプノセラピー(催眠療法)で体験していただくのは、すべてひとつの世界です。からだの輪郭をなくして風景の中に溶け込ませ、個人をなくしてしまうのです。そんなことが出来るのかって?潜在意識、イメージの世界では何でも可能なのです。

また別の癌のクライアントがヒプノで根源の世界(としか表現できません)に行った時、おっしゃった言葉です。「ここには病気はない!」そう力強くおっしゃったのです。それは治る・治らないとか病気・健康とかの概念を超えた世界です。短い時間でもその体験があると恐怖が格段に減り、意識レベルが上がるのです。そんな世界をヒプノセラピーで垣間見ると、寺山先生の境地に少しだけ近づけるかもしれません。

 

<催眠療法>
癌や病気と対話する催眠療法
2~3時間 20000円


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME