「天国の青い蝶」 奇跡が起こる人、起こらない人。

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「天国の青い蝶」 奇跡が起こる人、起こらない人。

2015-06-09

癌の奇跡的治癒・・・そんな素晴らしい話が世界中にあります。
数ある実話の中の一つに「天国の青い蝶」という映画があります。


これは、実際に脳腫瘍末期の少年が、中南米に生息する幻の蝶である
ブルーモルフォを探しに行くのです。
世界的な昆虫学者とジャングル中を探すのですが、見つからず、、、
その夜、夢の中で原住民の歌が鳴り響き、なぜか楽になったという思いがし、
そして命を賭けて、昆虫学者と少年はジャングルの中に進んでいくのです。
もちろん、奇跡的治癒にいたったから映画になったと言えばそれまでですが、
奇跡は、そこここにあるのではないかと思うのです。
夫が完治なしと言われる脳腫瘍と診断された時、
私も「奇跡は他の人たちには起こるかもしれないけれど、
私たちには起こらない。」と思いました。
遠くの国の誰かさんには、奇跡が起こるけれど、
私たちには起こるわけがない、そんな悲しい決めつけをしていました。
でも、そんな思い込みこそが不要なんです。
奇跡は起こる起こらないではなく、「起こす」ものなんです。
受け身でいてはだめですよ。
自らが「奇跡を起こす」んです。
アニータ・ムアジャーニさんだから、起こったのではなく
誰にでもできるんだよ、と伝えるためにアニータさんは
臨死体験から生き帰って、癌が消え去ったのです。
私には奇跡は起こらないなんて言わないで。
今、生きていること自体がもう奇跡だって思いませんか?
癌が治るなんていうことよりも、すごいすごい奇跡が
たくさん起こっているんですよ、毎日、毎日。
今、目の前にいる大切な人と、こうして巡り合っていることのほうが
すごい奇跡なのかもしれませんよ。
奇跡という言葉に惑わされないで、
奇跡というものを、自分の解釈で限定しないで。
あなたが望む奇跡を、一緒に「起こして」いきましょう。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME